なぜ、フットネイル(ペディキュア)に薄めのカラーはダメなの?

【飯塚ネイルサロンARIES】

お早うございます。

さて、今回の記事は・・・

『手とのバランスで色考えたいです♪(´ε` )』

と予約されご来店されたお客様ネイルです。
(施術日 8月3日)

アズライトネイル


1ヶ月半ほど経過したオフする前のネイルになります。


(およそ1ヶ月半経過したネイル)

手(ハンド)とのバランスでカラーを考えたいとおっしゃってましたが、ハンドネイルのカラーが薄めだったということで、今回は手とのバランスは考慮しない方向になりました。



どうして薄めだとフットには向かないのでしょうか?

理由は、フットに薄めのカラーでネイルをしますと、目立たない、可愛く見えない、ハッキリしない・・・

と、視点からの距離が長いためこういった現象に陥ってしまいます。

フットはなるべく目立つカラー、色が映えるカラーでネイルをするのがオススメです。



今回は夏カラーで、アズライトとホワイトで色のメリハリを出したネイルにされました。

アズライトとは、ブルー系のとっても美しいカラーです。



とても見栄えするフットネイル(ペディキュア)に仕上がりましたヾ(*´∇`)ノ





【お客さまからのメッセージ】

今日はいつもとちがう色にして見て
スゴォーク気に入りましたぁ
夏てかんじがカワイイです。
ありがとうございました

【naomiからお客様へ

Tさん、この度はどうも有難うございましたm(_ _)m

『ザ・夏ッ!』って感じになりましたね^^
親指にアートもとってもカワイイですよ!

またのお越しを楽しみにお待ちしておりますm(_ _)m





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。